増えている害獣被害

外来の害獣が日本各地で繁殖をし、数を増やしている現状があります。ハクビシンやアライグマ、タイワンリスなど、元々日本にはいなかった害獣にまで気を使わなければならない時代が到来しているのです。害獣は放置しておくと、様々なトラブルを発生させます。ときには経済的な被害をもたらすこともありますから、早期に駆除することが求められます。

駆除依頼が多い害獣

アライグマ
no.1

衛生環境を悪化させるネズミ

ネズミは日本中どこにでも存在していて、害獣としてはかなり一般的です。民家はもちろん、飲食店にも頻繁に現れて、ゴミなどを漁ります。ネズミは非常に不潔で、不衛生なのが特徴的です。放置しておくと感染症などの健康被害が巻き起こる可能性もあり、定期的に駆除することが望ましいとされています。

no.2

深刻な農業被害を巻き起こすハクビシン

ハクビシンは、野菜や果物を好んで食べます。ハクビシンのせいで大きな経済的被害を被ったという人は多いです。農家の人たちにとっては天敵のようなもので、駆除依頼件数も多めです。体が細くて、小さい穴が一つあればビニールハウスの中にまで侵入してきます。ネットなどで被害軽減をすることが難しいため、駆除依頼をするしかないというケースが多いです。

no.3

ペットに危害を加える可能性があるイタチ

ニワトリやインコなどを飼っている人は、イタチにも注意しなければいけません。夜中寝ている間に、イタチによって数を減らされてしまう可能性があるからです。イタチが家に住み着くと、糞尿が溜まって非衛生的でもあります。素人では駆除することが難しいので、これも業者に頼むのが一般的です。

害獣駆除の業者に依頼して安心生活を早期に取り戻そう

作業員

ハクビシン駆除は自身で行なうのはNG!

ハクビシンは害獣の一種です。しかし同時に、鳥獣保護法で守られている動物の一種でもあります。そのため、駆除をするにしても許可が必要になるわけです。許可を取らずに自分自身で勝手にハクビシン駆除を実行してしまうと、法律違反で重い罰則を課されてしまうこともあります。そもそも素人が駆除しようとしても、あまり上手く行きません。コストもかかりますし、時間も労力もかかってしまいます。怪我をする危険性もあるので、業者を呼んで駆除してもらうのが理想的です。

ハクビシン

害獣駆除の業者を探す

害獣駆除を専門に取り扱っている業者は日本に複数あります。ネットで調べてみれば大手業者のホームページもすぐに見つけられることでしょう。駆除可能な害獣のリストや、基本的な料金等がチェックできることが多いです。害獣被害に困っているなら、まずはこうした業者を調べて、相談だけでもしてみましょう。市区町村役場に言って相談をするのも悪くはありませんが、結局のところ業者を紹介されることが多いです。

自分に合った業者に依頼することが大切

大手害獣駆除業者だけでも十社以上あり、それぞれ特徴が違っています。料金はもちろん、駆除方法からして違うことも珍しくありません。また、業者によっては得意とする害獣の種類が違うことも考えられます。現在の自分の悩みを最も効率的に解消してくれる業者はどこか、ということをよく検討してみる必要があるでしょう。