HOME>アーカイブ>早めに害獣駆除の業者を利用しよう【被害を食い止める最善方法】

早めに害獣駆除の業者を利用しよう【被害を食い止める最善方法】

作業員

害獣は放置せず早めに駆除することが大切

ハクビシンなどの害獣を放置しておくと、被害はどんどん拡大します。害獣が子供を産んで繁殖すれば、被害の程度も範囲も初期とは比べものにならないぐらい深刻化してしまうことでしょう。手遅れにならないうちに、業者に依頼して駆除してもらうことが肝心です。数が多くないうちは対応もしやすいですし、コストも抑えられます。

害虫と害獣の違い

害獣は主に哺乳類を指す言葉

害虫と害獣の違いは明確です。害虫は人間に害を及ぼす虫のことで、害獣は人間に害を及ぼす獣のことです。後者は主に哺乳類を指す言葉であって、例えばハクビシンやイタチなどがこれに該当します。

駆除の方法が大きく違う

害虫と害獣では、駆除方法が大きく異なります。害虫駆除には主に殺虫剤を使うのですが、害獣駆除では薬を散布することはほとんどありません。害獣には罠を使うのが一般的です。粘着シートや金属製の檻などを使って捕獲していきます。

業者依頼で対策もしておこう

駆除をするのもいいのですが、その前に害獣が寄ってこないような対策をすることも重要です。例えば害獣が嫌いな臭いを発する「忌避剤」と呼ばれるものを使ってもいいでしょう。専門の業者なら、そうした事前の対策まで相談可能です。

ハクビシン駆除の流れ

ハクビシン

まずは駆除の依頼から

ハクビシン被害に困っているなら、まずはハクビシン駆除を得意としている害獣駆除業者に相談をします。信頼できる業者を見つけたら、電話などで駆除依頼をすることとなります。

スケジュールを決めて現地調査を行う

都合のいい日に、現地調査に来てもらうことになります。実際にどのような被害が巻き起こっているのか、効率的な駆除のために必要な対策は何かなど、見てみなければ分からないことが多いからです。

具体的な駆除方法の提案と見積もり

現地調査で分かったことを土台として、具体的な駆除方法を決めていきます。具体的な駆除方法が決まれば、いくらぐらいコストがかかるのかも見えてくるため、この段階で見積もりを出してもらいます。

契約を済ませて駆除

見積もりに納得ができれば、正式に契約を結びます。契約が済めば、後は実際に業者の方に駆除をしてもらうだけです。選んだ駆除の方法によっては、一週間以上の時間を要することもあります。

アフターフォローを行なう

駆除が済んでも、それですべての仕事が終わったわけではありません。またハクビシンが入り込んでしまわないよう、建物に存在する小さな隙間まで塞いでおく必要があるからです。数年に渡るアフターフォローをしてくれる業者も少なくありません。